ドライヘッドスパの違いとは - ヘッドスパの極意

HOME » 極意 » ドライヘッドスパの違いとは

ドライヘッドスパの違いとは

・ドライヘッドスパとは
ヘッドスパとは、頭皮の汚れを落とし血行をよくするために行うマッサージやシャンプーのことです。
ヘッドスパと一言で言っても、マッサージ、クレンジング、シャンプー、ケア、ブローと様々なサービスが提供されています。
ではドライヘッドスパとは、何なのでしょうか。
ドライとは「乾燥した」という意味です。
ドライヘッドスパと直訳すると、「乾燥したヘッドスパ」つまり「水を使用しないヘッドスパ」という意味になります。
ドライヘッドスパとは、「水を使用しないヘッドスパ」という意味の通り、頭のマッサージのことを指します。

名古屋でドライヘッドスパの講習


・ドライヘッドスパの効果
ドライヘッドスパとは、マッサージに特化したヘッドスパのことです。
シャンプーやトリートメントを行わないため、毛穴の汚れを落としたり、髪のキューティクルを回復したりする効果はありません。
その代わり、マッサージに関して技術は高く、リラックス効果などが期待できます。
ドライヘッドスパそのものは2000年はじめからありましたが、近年になって人気が高まっています。
「誰でもつい寝てしまう」ドライマッサージを売りにした有名店がテレビで取り上げられたのがきっかけです。
それまでほとんどの人が注目してこなかった「頭のこり」をほぐすことにこれだけ注目が集まるのは、現代人の頭がそれだけこっているからでしょう。
多くのドライマッサージ店は、小顔や美髪を売りにする美容室やエステと違い、リラックス効果を重視しています。
このため女性だけではなく男性も入りやすいお店が多いです。

・肩こりや眼精疲労にも効果がある
ヘッドスパは、頭にだけ効果があるわけではありません。
頭は、皮膚や血管、筋肉などで肩や目に繋がっています。
頭をほぐすことは、すなわち肩や目をほぐすことにもつながります。

・ドライヘッドスパの大きな違い
ヘッドスパとドライヘッドスパの大きな違いは、リラックス効果です。
シャンプーなどで髪を濡らさないといけないヘッドスパは、お客様に席を移動してもらったり、姿勢を変わってもらったりする必要がどうしても発生してしまいます。
しかし髪を濡らす必要のないドライヘッドスパは、リクライニングチェアでゆったりできます。
リラックス効果だけを重視するのであれば、ヘッドスパよりもドライヘッドスパのほうがその効果は高いでしょう。